2005年03月12日

ほりえもん

日本のビデオを観た。

ドラマが録画されていた。今年の1月に放映されたものらしい。長いドラマだったけれどおもしろかった。

そして、テレビコマーシャル。

20年前と変わらない。

車のコマーシャルは、景色のいいところを車が走って最後左斜め前からのショットと車の名前で終わる。シャンプーは、長い髪の女の人が出てきて、髪の毛がふわっとなって最後に決めの台詞を言う。金融関係は、制服を着た若い女の人がニッコリしてお客さんに応対しているアップが映る。お菓子は、楽しげな音楽に合わせて子供たちやキャラクターが歌ったり踊ったりしてそれを食べる。

全く変わらない。「これ、1980年に録画した。」と言われても、コマーシャルだけだとそうかなと思う。

コマーシャルを作っている現場の人たちは、もっとおもしろく新しいものを作ろうとしているのに、最終的にGOサインを出すトップが、結局今までと同じものを好む結果だと思う。現場の若い人たちが、「こういう新しいパターンでいきましょう。」と言っても、保守的な上の人たちが、Yesと言わない。今までこれで問題なかったのだから、あえて新しいことをするリスクを犯さなくてもいいと思っている。現状を守っていれば大きな問題はないと思っている。


ライブドアとフジテレビのニッポン放送株をめぐる一連の動きを、古い経営者と新しい経営者の戦いと言った人がいる。インターネットからの情報しか知らないけれど、「ほりえもん、どんどんやって」と思う。「フジテレビ、時代の流れ読めてるのか?」と思う。

今はもう、「日本は今までこのやり方でやってきた」というのが判断の根拠にならない時代だ。「日本は今までこのやり方でやってきた?そうですか。それで、これからは?」と言われる。「それで、あなた自身はどう考えるのか?」と問われる。

この問題に関して、「お金があれば何でもできると思っているのではないか。」とか「日本にはこのやり方は合わない。」とか言っている政治家がいるらしい。「お金があれば何でもできると思っているのではないか。」と言おうと思えば言えなくはないけれど、こじつけだ。そんな問題ではない。視点が間違っている。「日本にはこのやり方は合わない」と言っている間に、世界はどんどん変わっていって、日本はどんどん取り残されていく。すでに日本のビジネス界は世界のビジネス界の中に入ってしまっている。日本の中では日本だけのやり方が通用すると思うのは間違いだ。


昨年ビジネスを売ったとき、「大丈夫か、お金に困っているのではないのか。」と日本から言ってきた人がいた。ビジネスを売るというのは、うまくいかないからやめると思ったらしい。ニュージーランドではビジネス売買は普通に行われている。2〜3年でオーナーが変わるビジネスも珍しくない。確かにうまくいかなくなって安く売るビジネスもあるかもしれない。でも、うまいっていないビジネスは基本的に売れない。そんなビジネス誰も買わない。日本でもそろそろ小さなビジネスは当たり前に売買される時代が来る。自分で小さなビジネスを1,000万で立ち上げて3年くらいでそれを取り戻して利益を出して3,000万で売る。その金でまた新たなビジネスを始める。そんなことが当たり前になる。その感覚でほりえもんを見ると、OKと思える。





【関連する記事】
posted by 河童 at 07:27| Comment(4) | TrackBack(0) | 河童のビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつもお世話になっています。

ほりえもん、もうちょっと男前やったらなあ。
Posted by あひる at 2005年03月17日 04:52
だいたひかるって知ってるかな。
女ピン芸人で。

「ほりえもんは、やっていることはスネオだと思う。」ってぼやくネタがあってね。

いや、わろうたわ。
Posted by mariko mam at 2005年03月19日 00:43
もうしばらくしたら、やっていることがジャイアンになるかもしれないですね。
Posted by 河童 at 2005年03月20日 06:13
Posted by at 2005年07月27日 21:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。